【体験談】アメリカ駐在員がプログリットで英語勉強を習慣化!

英語学習

私は、2018年からアメリカへ駐在するチャンスを得ました。TOEICのスコアは870点あったものの、当時は英語のスピーキングに自信がなく、片言の状態であったと思います。

アメリカに赴任しても独学で英語学習を継続して、英語力を向上させる必要があると思い、「プログリット」というコーチングスタイルの短期英会話コースに通いました。

3か月間という短期間ではあったものの、プログリットのおかげで英語を学習する習慣が身につき、こちらの記事でも紹介しましたが、年間1000時間の勉強時間を確保することができました。

さらに英語学習を継続することで、Versantのスコアは17点向上し、英語力が向上したことでNative speakerたちとの議論にもついていけるようになりました。また現地のマネージャーからも評価されるまでに至りました。

アメリカ駐在をする前にプログリットに通っていて本当に良かったなと思っています。今回の記事では、プログリットに関する私の体験談について記載したいと思っています。

英語勉強がなかなか継続できない人や勉強方法に不安がある方はぜひ、プログリットの無料体験をおすすめします。

↓リスクなく始められる無料体験↓

【PROGRIT(プログリット)】

スポンサーリンク

プログリットとは

プログリットとは、駅前留学のような英会話スクールとは異なり、英語レッスンではなく英語学習のコーチングを提供するスクールです。私のように、英語の独学が必要であったり、勉強の進め方に不安がある方には最適なサービスになると思います。

生徒一人に対し専属のコンサルタントが、学習計画の作成や学習サポートや指導、添削を行ってくれます。

学習指導もすべてオンラインで完結することができ、創業4年で1万人がプログリットのサービスを活用しているということで、非常に人気が高いと言えます。

プログリットの特徴
  1. 一人ひとりにカスタマイズした専用カリキュラム
  2. 専属コンサルタントによる伴走
  3. 利便性の高い学習ツール

スポンサーリンク

プログリットのコース

プログリットでは、各人のニーズに合わせて4つのコースが準備されています。私は、ビジネスで使えるスピーキングの学習方法に重点を置きたかったため、「ビジネス英会話コース」を選択しました。

プログリットの4つのコース
  1. ビジネス英会話コース;ビジネスシーンで使えるリスニング・スピーキング力の向上に特化したコース
  2. TOEIC L&R TESTコース;短期間でTOEIC L&Rテストのスコアアップを目指すコース
  3. TOEFL iBT TEST/IELTSコース;短期間でTOEFL iBTもしくはIELTSのスコアアップを目指すコース
  4. 初級者コース;実践英語の土台となる基礎力を2~3か月で強化するコース

プログリットの料金

プログリットの料金の詳細については、以下のホームページをご確認ください。料金の情報は都度更新されるようですので、こちらには記載せず、ホームページから最新の情報をご確認いただきたいと思います。

【PROGRIT(プログリット)】

ビジネス英会話コース」については、入会金なども含めて3か月プランで50万円以上の金額がかかります(別途オンライン英会話の費用を自分で負担する必要があります。私が利用したDMM英会話の始め方はこちらから)。

アメリカ駐在が決まり焦っていたこともあり、安い金額ではないのですが自己投資をすることを即決しました。

無料カウンセリング

プログリットを選択した理由はNewspicksで特集された記事を読んだことが大きく影響しています。当時、アメリカ駐在が決定し、英語を勉強しないといけない環境に追い込まれたため、その特集記事は非常に興味深いものでした。

実際に無料カウンセリングを受けてみると、カウンセリングの説明に非常に納得感があり、コンサルタントも優秀であることから、料金は高いもののぜひ受講してみたいという気持ちになりました

私のように、プログリットに興味がある方はぜ「無料カウンセリング」から始めてみてください。完全に無料なので全くリスクはありません!!

約1時間のカウンセリングで、自身の課題を浮き彫りにし、それにあった学習計画を提案してくれます(現在、オンラインでもカウンセリングが対応可能とのことです。非常に便利だと思います)。

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】
無料カウンセリング
  1. 英語学習における目標をヒアリング
  2. 英語力診断で課題を明確化
  3. 一人ひとりにカスタマイズした最適なカリキュラムを提案

ビジネス英会話コース

コンサルタントの面談

上述しましたが、英語でのレッスンはなく、週1回専属のコンサルタントと面談がありました。1回の面談はだいたい1時間です。3か月コースだと計12回の面談があります。

疑問に思ったことや質疑の内容に応じて面談の内容も変わっていくので、以下の内容については参考情報として考えてください。

面談の内容
  1. 1週間の自習の状況報告及びわからなかった勉強方法などの質疑応答
  2. 瞬間英作文のテストや単語のテスト
  3. 生徒の質問に応じた対応(私の場合は、音声変化の勉強方法などを追加で教えてもらいました)

自主学習

コンサルタントが作成した学習計画に応じて、自主学習を進めていきます。毎日3時間の自主学習が必要になるため、時間の使い方など改めて考えながら自主学習を進める必要があります。

時間の使い方も見直す良い機会になります。

また、学習ツールを使いながら自身の学習成果を見える化して学習を進めます。プログリットで採用されている学習は、科学的に実証されている学習方法ということなので、コンサルタントを信じて自主学習を進めることができました。

専属コンサルタントによる毎日の学習サポートととして、チャットサポートやシャドーイングの添削サポートがあります。LINEを使って毎日交信することができますので、学習の進め方やわからないことも日々相談できます。

自主学習の内容(時間など個人によって異なります)
  1. シャドーイング;60分
  2. 多読;30分
  3. ボキャブラリー;30分
  4. オンライン英会話;30分
  5. 瞬間英作文;30分

基本的には、市販の学習教材を使って学習を進めます。シャドーイングについては、TEDの音源を使って行いますが、教材はプログリットが準備をしてくれました。

プログリットの評判、良い点

学習計画の作成

最後の面談の際に1年間の学習計画を作成してくれます。個人ごとにカスタマイズされたものになります。独学をする際、「この勉強方法で本当によいのかな?」、「成果が上がるのかな?」という疑問が必ず生まれてきてモチベーションが不安定になることがあると思います。

でも、コンサルタントが作成してくれた学習計画を基に勉強を進めることができるので、コンサルタントを信頼して安定して学習を継続することができます。

私の経験ですが、3か月でNative speakerに混じって意見交換をするのはかなり難しいと思いますので、継続した学習が必要不可欠だと思っています。

勉強しないといけない環境に追い込める

かなり大きな自己投資をしているので、勉強しないといけない環境に自分を追い込むことができます。それがいつしか習慣となり、あまり考えなくても勉強することができるようになります。

また、専属のコンサルタントも適切にモニタリングしてくれるのがありがたかったです。怠けることができませんでした。飲み会や残業があっても、家に帰ったら勉強する。そんな毎日を過ごしました。

こちらの記事にも記載しましたが、私も継続的に勉強をつづけることができ、現在ではNative speakerたちともDiscussionができるレベルまで英語力を向上することができました

まとめ

プログリットの学習計画のおかげで、英語学習を習慣化でき、今では特に何も考えずに英語学習を継続することができています

英語勉強を習慣化できていない人や、学習方法に不安がある方は、だまされたと思ってぜひプログリットの「無料カウンセリング」から始めてみてほしいなと思います。

今回の記事が英語学習の参考になりましたら嬉しいです。

一緒に頑張っていきましょう!最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました