【英語】アメリカ駐在員が実践する 瞬間英作文の効果的なやり方

英語学習

「瞬間英作文の効果的なやり方は?どのテキストから瞬間英作文を始めたらいいの?」

今回の記事では、そんな質問にお答えしたいと思います。

以下の記事で紹介したように私は毎日30分瞬間英作文に取り組み、スピーキング力が劇的に向上しました。

今では、Native speakerたちと日本人が私1人の会議でも議論ができるようになり、アメリカのマネージャーにも仕事の成果を評価されるようになりました

そんな私が、スピーキング力の向上に欠かすことができない、瞬間英作文の効果的なやり方を今回の記事でご紹介します。

スポンサーリンク

瞬間英作文とは

森沢 洋介 著 「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を手に取ってみてください。私は、このテキストから瞬間英作文の練習を始めました。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を見てもらうとわかるのですが、中学生レベルの文章で構成されています。例えば、以下のような問題から始まります。

これは良い本です => This is a good book.

日本語を見て、瞬間的に英作文できたでしょうか?

自分が言いたいことを瞬時に文章化するために行う練習で、これを瞬間英作文と言います。

私は、瞬間英作文の練習を何度も繰り返すことで、Native speakerたちとの会議でも、自分の意見を共有したり、質問に回答することができるようになりました。

非常に簡単な例文ではありますが、文法のミスをしないで、また瞬間的に英作文をするのは難しかったのではないでしょうか?

でも大丈夫です!何度も練習することですぐに英語が口から出てくるようになります。

まずは、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」に出てくる文章をスラスラ言えるようになるまで練習しましょう。

スポンサーリンク

瞬間英作文の効果は?

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では、5つの基本文型を学習することができます。

5つの基本文型
  1. S+V
  2. S+V+C
  3. S+V+O
  4. S+V+O+O
  5. S+V+O+C

また、中学英語で習う文法(不定詞、動名詞、現在完了形、関係代名詞etc.)を総復習することができます。

英語の文章の数は無数にあると思うのですが、5つの基本文型と中学文法を駆使することで、様々な文章を作ることができるようになります。

また、難しい単語を使うとその単語を使うことに意識が集中してしまうため、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では、文型の使い方や文法に意識を集中するために簡単な単語で構成されています。

あまり意識を集中せずに文型や文法を扱うことができるようになると、今度は少し難しい単語を使うことに頭を使うことができるようになり、単語を入れ替えることでより表現に幅が出るようになります。

このように、まずは簡単な文章で瞬間英作文を行うことが効果的であると言えます

こんな簡単な文章でも効果があるのかな?と思われるかもしれませんが、だまされたと思ってまずは「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を何度も使ってみてください。

瞬間英作文のポイント

以下に瞬間英作文のポイントを挙げました。それぞれ簡単に解説したいと思います。

瞬間英作文のポイント
  1. できるだけ簡単な文章から始める。
  2. スラスラいえるまで何度でも行う。
  3. 暗記をしないようにする。
  4. 完璧さを求めない。

できるだけ簡単な文章から始める

先ほども記載したのですが、できるだけ簡単な文章で瞬間英作文を行うのが重要です。まずは、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を使ってください。

できるだけ、文型や文法に意識を集中するために難しい単語が入った文章よりも、簡単な文章から取り組むのがおすすめです。

スラスラいえるまで何度でも行う

非常に地味な作業ですが、瞬間的に英作文が言えるようになるまで何度でも行ってください。

スラスラとは、どれくらいのスピードかというと「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の1ページをだいたい3分以内で終わるくらいのスピードだと考えてください。

毎日30分取り組むとして、10ページ以上進められるスピードを意識してみてください。

暗記をしないようにする

英文をその場で瞬間的に発話することが目的なので、暗記はしてはいけません。

瞬間英作文は、基本文型や中学文法を駆使して文章を瞬時に作る練習なので、暗記をしてしまうと実際の会話の際に応用がきかなくなってしまいます。

完璧さを求めない

1回目で全部瞬間的に英作文できなくても大丈夫です。むしろ、日本語を見て10秒くらいしてもわからなかったら答えを見てしまいましょう。何度も何度も繰り返し瞬間英作文をして慣れることが目的なので、スピード感をもってやることが大切です

瞬間英作文の効果的なやり方

私のおすすめする「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を使って、効果的なやり方をご紹介します。

瞬間英作文の効果的なやり方
  1. セグメントで分ける。
  2. 右ページを隠して、左ページの日本語を見て英作文する。
  3. わからない、間違えたときは、3回音読する。
  4. スラスラできるまで続ける。
  5. CDは無理に使わなくてもよい。

セグメントで分ける

いきなり、1冊丸まる瞬間英作文を行うのは、ハードルが高いため、セグメントに分けることをおすすめします。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の場合、「Part1 中学1年レベル」、「Part2 中学2年レベル」、「Part3 中学3年レベル」からなっているので、まずは「Part1 中学1年レベル」を仕上げてから次のPartに進むのが良いです。

右ページを隠して、左ページの日本語を見て英作文する

右ページの英語を隠して、右側の日本語を見て瞬間英作文してください。数秒考えてもわからない場合はどんどん右側の英語を確認しましょう。

スピードを重視してください。

わからない、間違えたときは、3回音読する

瞬間英作文ができなかったときあるいは、間違えてしまったときは、3回音読して英文を口に落ち着けてください。最後の1回は、Look&Up(1回目、2回目はテキストを見ながら音読、3回目はテキストから目を離して音読する)で取り組むといいと思います。

スラスラできるまで続ける

スラスラの基準は、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の1ページをだいたい3分以内で終わるくらいのスピードで良いと思います。

私は、それぞれのPartを5周繰り返してスラスラ言えるようになりましたが、個人差があると思いますので、回数を減らしたり、増やしたり調整してみてください。

CDは無理に使わなくてもよい

付属のCDは無理に使わなくても大丈夫です。例えば、お掃除をしながらや車を運転しながらの「ながら勉強」をする際に活用するならOkayです。机に向かって瞬間英作文に取り組むときは、CDを使用しなくて大丈夫です。

まとめ

今回の記事では、瞬間英作文の効果的なやり方を「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を基にご紹介しました。

英会話のスピーキングに不安がある方や、瞬間英作文をやったことがない方はぜひ「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」から始めてみてください。

中学英語レベルの文章ではありますが、だまされたと思ってスラスラ言えるまで続けてみてください。私もそうでしたが、必ず効果があらわれます。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」が終了しましたらぜひこちらの記事も参考にして、自分に合った瞬間英作文のテキストを見つけてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました