【DMM英会話】アメリカ駐在員がスピーキングテストを受けてみた!

英語学習

DMM英会話の教材に、スピーキングテストという教材があることをご存じでしょうか?

現在のスピーキング力を知るうえで、スピーキングテストを受けてみたいけど、どんなテストなのだろう?と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

DMM英会話を20000分以上受講している私が、スピーキングテストを受けてみましたので、スピーキングテストについて今回の記事にまとめます。

↓DMM英会話については以下のリンクから↓

DMM英会話
スポンサーリンク

DMM英会話 スピーキングテスト まとめ

以前の記事で、私が実践している英語のモチベーションを維持する方法 5選を紹介しました。

その中の1つに、「数値で評価すること」でモチベーションを維持する方法を挙げました。私は、定期的にVersant Speaking Testを受験して、自分の達成度を数値で評価してモチベーションを維持するようにしています。

また、私が約2年間続けているDMM英会話でもスピーキングテストという教材があり、DMM英会話のスピーキングテストでも自分の実力を数値で評価できそうだなと思い、スピーキングテストを受けてみることにしました。

スポンサーリンク

DMM英会話 スピーキングテストの詳細

スピーキングテストとは

DMM英会話の教材の1つで、1回のレッスン(25分)でスピーキングテストを受けることができます。

約20分のテストなのですが、私が受験した時は、自己紹介やスピーキングテストの内容説明があったため、25分フルに使ってスピーキングテストが終了するという感じでした。

ちなみに、このスピーキングテストには追加の費用等は必要ありませんのでリスクなく受けることができます。

スピーキングテストの種類

スピーキングテストは2種類に分けられており、それぞれ「基礎」と「上級」レベルがあります。

それぞれ、1-10まで番号が振ってあり、全部で10回受講ができるようになっています。

スピーキングテストの種類
  • スピーキングテスト基礎
  • スピーキングテスト上級
  • レベル判定テスト基礎
  • レベル判定テスト上級

スピーキングテストとレベル判定テストの違いについては、良くわからなかったため、カスタマーサポートに問い合わせをしたところ以下の回答をいただきました。

日常的な英会話の学習を希望される場合はスピーキングテストの中から、比較的ビジネス的な英会話の学習を希望される場合はレベル判定テストの中からご選択いただければと存じます。

DMM英会話カスタマーサポートより

上記によると、例えばビジネス英語をメインに学習されている方は、レベル判定テストを最初に受けるのがよさそうです。

私の場合は、カスタマーサポートに問い合わせをする前に、スピーキングテスト上級を受けましたので、今回の記事では、スピーキングテストについて記載をしています。

スピーキングテストのレベル

スピーキングテストの「基礎」はレベル2-6の方向け、「上級」についてはレベル4-8の方向けになっています。DMM英会話のレベル設定は以下のようになっています(出典:DMM英会話)

スピーキングテストの「基礎」と「上級」どちらを選ぶかについては、普段使っている教材のレベルから判断されることで良いと思います。

参考として、私は普段Advanced levelのDaily Newsをよく使っているのでが、スピーキングテスト上級の文章は、Advanced levelのDaily Newsより少し難しく感じました。

Intermediateレベルの教材をよく使っている場合は、まずはスピーキングテスト基礎を受けてみることをおすすめします。

スピーキングテストの予約方法

スピーキングテストを受けるときは、スピーキングテスト対応の講師を予約する必要があります。講師を探す際は、スピーキングテスト対応を選択して検索すると便利です。

スピーキングテスト対応講師を選択すると、「オリジナル教材」でスピーキングテストを選択することができます。ちなみに、スピーキングテストの内容は、実際にテストを開始するまで確認できないようになっています。

DMM英会話 スピーキングテスト上級の内容

スピーキングテスト上級は、5つのエクササイズから構成されています。合計点数は30点満点のテストになります。

エクササイズ1;単語と文章の音読(配点5点)

単語20語と文章5つを音読するエクササイズです。

単語は、似ている単語(例えば、seat/sit)の発音や、選択したレベルに該当する単語の発音やアクセントがチェックされました。

準備する時間はなく、制限時間1分間ですべての単語と文章を音読する必要があります。

エクササイズ2;長文の音読(配点5点)

長文を音読するエクササイズです。

準備する時間が1分与えられ、その後1分間で音読をします。

エクササイズ3;エクササイズ2で読んだ長文に関する質疑(配点5点)

講師からエクササイズ2で音読した長文に関する質問が3つ出されますので、その質問を1分以内に回答します(合計で制限時間は3分)。

質問はスピーキングテストに記載されていないので、質問内容をリスニングをして回答する必要があります。

エクササイズ4;写真描写(配点5点)

1枚の写真が、スピーキングテストに印刷されているので、制限時間2分の間にその写真の説明をするエクササイズです。

準備をする時間が1分間与えられます。

エクササイズ5;グラフを見て質問に回答する(配点10点)

グラフを見ながら3つの質問に回答するエクササイズです。

各質問は、スピーキングテストに印刷してあり、それを見ながら2分間で回答します(合計6分間)。

準備する時間は与えられず、すぐに回答する必要があります。

DMM英会話 スピーキングテスト上級の結果

スピキングテスト上級の結果は、30点満点中25点(レベル7)という結果でした。

DMM英会話のホームページを調べた限り、次に何点を取ったら1つ上のレベル8になるのかわからなかったため、こちらについてもカスタマーサポートに問い合わせを行ってみましたが、詳細は分からず、非公開のようです。

スピーキングテストのスコアとレベルの判定に関しましては、カスタマーサポートでは詳細をお伝えしておりませんが、「DMM英会話のレベル設定」を今後の目標設定の基準の一つにしていただけましたら幸いです。

DMM英会話カスタマーサポートより

DMM英会話 スピーキングテストの感想

各エクササイズに分けて気が付いたこと、感想を記載してみたいと思います。

エクササイズ1;単語と文章の音読(配点5点)

そこまで難しい単語や文章は出題されていない印象です。スコアも5点を取ることができていました。

エクササイズ2;長文の音読(配点5点)

出題された長文は、通常私が使っているAdvanced levelのDaily Newsより少し難しく感じました

長文に含まれている単語も、3つほど発音やアクセントがわからないものがあり、その部分で減点されたのではないかと思います。

文章量については、スラスラ読んでいかないと1分間では読み切れない量でした。

エクササイズ3;エクササイズ2で読んだ長文に関する質疑(配点5点)

1つの質問に対して1分間で回答をするのですが、回答時間が余っていても次の質問に進んでいくようでした。質問に対して1分間まるまる回答することを意識するよりも、時間は少し余っても良いから質問に対して適切に回答することを意識したほうが良いかもしれないと思いました。

エクササイズ4;写真描写(配点5点)

初めて写真描写のスピーキングテストを受けたため少し戸惑いました。

だいたい、1分40秒くらいですべて回答をしてしまったため、5秒ぐらい何も話さない時間ができてしまいました。。。

そこで、スコアを減点されてしまったのかなと思います。できるだけゆっくり話て、回答を2分間に収めれば良かったと思います。

写真描写では、併せて以下のようなフレーズを覚えておくと回答しやすいのではないかと思います

  • It looks like a picture of ・・・
  • In the background of the picture, I can see・・・
  • On the left side of the picture, there is ・・・
  • Speaking of the season of this picture,・・・Etc.

エクササイズ5;グラフを見て質問に回答する(配点10点)

1番難易度が高いエクササイズかなと思います。

2分間でまとめるというよりは、2分間止まらずに回答を続けることを意識したため、各設問で2分間経過した段階で、講師からもう大丈夫ですよと言われました。

減点も1点だけだったので、途中で回答が途切れるよりも、2分間回答し続けることを心がけたほうが良いのだと思います。Daily News等のテキストを使って初見でも、2分間程度自分の意見を話せるように練習しておく必要があるかと思いました。

活用方法

スピーキングテスト上級の受験後ですが、Feedbackを聞く時間がほとんどありませんでした。

翌日あるいは早いタイミングで同じ先生のレッスンを予約して、Feedbackを受ける時間を作ったほうが効果的だと思いました。

講師の方に、今後の勉強の方針やどのようなDMMの教材を使うべきか確認することで、今後の学習計画を検討することができます。

また、次回も同じ講師を選択することで、採点基準も一緒になりどのくらい成長できているか適切に判断できるのではないかと思いました

まとめ

今回、私が受験したDMM英会話 スピキングテスト上級を中心に紹介させていただきました。

追加料金なしで受験できることや、直接講師からFeedbackを受けられることから、定期的にテストを受けて自分の成長度を評価するには有用な方法だと感じました。

また、講師からのアドバイスで自分の弱点に応じて教材を選択できるのも良い点だと思います。

DMM英会話をまだ利用したことがない場合は、無料体験から初めてみてください。スピーキングテストも無料体験で受講することができますのでお勧めです。

DMM英会話の始め方や無料体験については、ぜひ以下の記事を参考にしていただきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました