【アメリカ】普段使いにおすすめ! アメリカンエクスプレス ゴールドカード

クレジットカード

以前の記事で、私が実際に発行したアメリカンエクスプレスのカードを紹介しました。ご覧になられていない方は、ぜひ以下の記事を一度ご確認ください。

今回の記事では、現在もメインとして使っているゴールドカードについて基本情報をまとめていきたいと思います。

ゴールドカードは、普段使いに非常におすすめなカードです。年間手数料は250ドルと少し高いのですが、以下に記載するベネフィットでほぼ相殺することが可能で、あまりデメリットが見当たらないクレジットカードになっています

スポンサーリンク

普段使いにおすすめ! アメリカンエクスプレス ゴールドカード

私は、このゴールドカードをSSN取得から約10か月で発行することができていますので、申請を検討されているかたは、発行するタイミングについて参考にしてみてください。

駐在員でいられる期間は限られていると思いますので、できるだけ早めに発行して日々の支払いに使っていきたいクレジットカードです。

アメリカンエクスプレスのホームページや、私の経験からゴールドカードの情報をまとめていきます。

ボーナスポイント

2021年5月現在、6か月で4000ドルを使用すると60000ポイントがもらえるオファーこちらの紹介リンクからでております。よろしければ紹介リンクから申し込んでみてください。

ちなみに私が発行した際は、3000ドル使用後に50000ポイントがもらえるというオファーでしたので、それより良いオファーになっています。

アメリカンエクスプレスのポイントはANAのマイルやホテルポイントに交換することができます。

例えば、ANAのマイルに交換すると60000マイル(1ポイント:1マイル計算)になり、ボーナスポイントだけで、日本とアメリカのフライトを無料化することができます!

ボーナスポイントの貯め方

  • レストランで4倍ポイント(TakeoutやDeliveryも含む。Uber eatsでも4倍ポイントになるということです)
  • スーパーマーケットで4倍ポイント(1年で25000ドルまでが対象)
  • フライトチケット購入で3倍ポイント
  • その他の使用で1倍ポイント

私は、レストランやスーパーマーケットの支払いにはゴールドカードを使用して4倍のポイントをゲットしています(ANA USAカードと比較してたまるスピードが4倍になります)。

また、フライトを予約する必要がある場合は、このゴールドカードを使用して、マイルと3倍のポイントを併せてゲットしています。

紹介ボーナスポイント

他の方にゴールドカードを紹介すると、30000ポイントをゲットすることができました。妻がゴールドカードを発行するときは、私の紹介リンクを使用したので、追加で30000ポイントをゲットすることができています。

年会費

年会費は1年間で、250ドルになりますが、これからご紹介するUber Cash(年間120ドル)とDining Credit(年間120ドル)でほぼ相殺することができます。

Uber Cash (年間120ドル)

1か月に10ドルずつUber Cashをゲットすることができ、UberあるいはUber Eatsに使用することができます。

2021年から始まったベネフィットになります(以前はAirline Fee Credit 年間100ドルでした)。

先日、ゴールドカードを使用してUber Eatsを使ってみましたが、問題なく10ドル引きになっていました。

Dining Credit(年間120ドル)

以下のお店でゴールドカードを使用すると1か月に10ドル引きになります。

この中では、Seamlessが使いやすいと思います。Uber Eatsのようにアプリをスマートフォンに登録して、様々なレストランにオーダーすることができます。

他には、よくShake Shackに行くので、ゴールドカードを使用して10ドル引きをゲットしています。だいたい、支払日から3日後くらいに10ドル引きになっている感じです。

  • Grubhub
  • Seamless
  • The Cheesecake Factory
  • Ruth’s Chris Steak House
  • Boxed
  • participating Shake Shack locations

その他

  • 為替手数料が無料のため、日本に帰国した際や海外旅行でも使い勝手か良いです。
  • アメリカンエクスプレスからゴールドカード向けのオファーが定期的に届きます。例えば、アマゾンでゴールドカードを使用するとポイント7倍になるというオファーが以前届いたことがあります(最大2000ポイントまで)。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、私がメインカードの1つとして使っているゴールドカードの情報をまとめました。

ANA USAカードと比較しても、普段使いでどんどんポイントがたまっていきますし、年会費250ドルについてもベネフィットを利用すると相殺することができます。

持っていて全く損がなく、普段からエースとして活躍してくれるクレジットカードだと思います。

現在、60000ポイントがゲットできるオファーが出ておりますので今がチャンスだと思います。よろしければ、こちらの紹介リンクから申請してみてください。

また、以下の記事でアメックスブルービジネスプラスカードについて紹介しています。こちらのカードも普段使いに最適なカードになっておりますのでぜひ併せて読んでいただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました